学術会議、改革案を公表=任命拒否問題で総会決議も

日本学術会議は8日、「現在の国の機関としての形態は、学術会議が役割を果たすのにふさわしい」とした改革案を公表した。科学的助言機能の強化や会員選考の透明性向上も盛り込んだ。21日から開かれる総会で、改革案を議論する。
インターネットを通じて記者会見した梶田隆章会長は、改革案の検討過程で会員候補6人が任命を拒否された問題の解決が先ではないかとの意見が多く寄せられたと指摘。「重大な問題という認識は共有している。総会で何らかの決議を行いたい」と明らかにした。

ジャンルで探す