玉川徹氏、菅首相のGoTo見直しも「予約した人は行く。具体的にどうするかって、ちゃんと考えてやらないと」

東京・六本木のテレビ朝日本社

 23日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、新型コロナウイルスの感染再拡大の中、菅義偉首相(71)がGoToトラベル、イートキャンペーンの見直しを決めたことを特集した。

 コメンテーターで出演の同局・玉川徹氏(57)は「新規を一時見直しってことは、すでに予約をされた方はそのままってことになりそうですよね。予約をすでに持ってらっしゃる方は行くんじゃないですか?」と、まず話した。

 さらに、新聞で報じられたデータをもとに「(3連休で)東京から嵐山に行った人は緊急事態宣言の前の5倍、松島は3倍、箱根でも1倍以上。メディアでも感染は広がっていると言っているのに、大勢の方が予約した先にいらっしゃる。なぜか? 予約したからなんです。確かにGoTo停止という大きな判断はしたけど、具体的にどうするかってところをちゃんと考えてやらないと、効果がないんじゃないか。GoToの問題点は国がお金を出すから行って下さいというところですから」と問題提起していた。

ジャンルで探す