【女性のがん第1位】乳がん患者は20年前の2・5倍と増加。セルフチェック法と予防する生活習慣

イラスト:小林マキ
近年、乳がんの発症率が高まっています。10月は、「乳がん検診」を呼びかけるピンクリボン月間です。そこで、がんの原因や早期発見のためのセルフチェック法、治療にあたって知っておきたいことを専門家に聞きました(イラスト/小林マキ 取材・文・構成/岩田正恵《インパクト》)

* * * * * * *

【図表】日本の年齢別乳がん罹患率

9人に1人が罹るといわれているがん

乳がんは、女性が罹るがんの第1位。患者数は20年前と比較すると約2・5倍に増えており、9人に1人が罹るといわれています。乳がんが増えている要因の一つが、生活様式の変化にあると指摘するのは、聖路加国際病院副院長の山内英子先生。

「乳がんの発症に大きく関わっているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。現代は、食生活の欧米化により摂取エネルギー量が増えたことから、初潮の低年齢化や閉経の高齢化が進んでいます。一生のうちにエストロゲンが分泌される年月が長くなると、乳がん細胞がつくられやすくなるのです。実際、月経のある年月が長ければ長いほど、乳がんの発症リスクが高まることがわかっています」

さらに、肥満も乳がんのリスクを高める要因となるそう。

「エストロゲンは脂肪細胞からも分泌されます。皮下脂肪が多い人ほど、その量も増えるため、閉経したからといって安心できないと覚えておきましょう。実際、乳がんの罹患率は、45歳~60代後半までの年代で高くなっています」

月経は自分ではコントロールできないものの、肥満は生活習慣の改善で解消できること。どのような治療が行われるのでしょうか。

「栄養バランスのよい食事と運動を心がけて、肥満を回避しましょう。飲酒の頻度や量が多い人ほどリスクが高いという研究報告がありますから、アルコールは控えめに。加えて大切なのが早期発見です。日ごろから自分の乳房の状態を観察するようにし、40歳からは必ず乳がん検診を受けてください」

「切除」と「薬物」治療で完治を目指す

乳がんが見つかった場合には、どのような治療が行われるのでしょうか。

「まずは、がんを取り除くことが治療の基本です。大きく分けて、乳房の一部を切除する『乳房温存手術』と、すべて切除する『乳房切除術』があり、再発リスクや患者さんの希望などを踏まえつつ、医師と相談して決めることになります」

がんの家族歴も切除方法を選択する材料の一つになる、と山内先生。

「家族歴から遺伝性乳がんとわかった場合、将来、もう一方の乳房や卵巣でもがんを発症するリスクがあるため、すべて切除することを提案することもあります」

切除後は、多くの場合、再発を予防するために、薬物治療を行うことになるそう。

「切除したがんの性質を調べたうえで、タイプに応じて治療を行います。主な薬物治療は、エストロゲンの影響を減らす『ホルモン治療』、がん細胞の死滅に大きな効果が期待できる『抗がん剤治療』、がん細胞の特定の物質に働きかける『分子標的治療』の3種類。抗がん剤治療や分子標的治療が約1年、ホルモン治療は5~10年と、治療法によっては長期にわたることもあります」

乳がんは比較的進行が遅いといわれているため、小さいうちに見つけることで、手術も治療も軽くすむ、と強調する山内先生。まずは手軽にできるセルフチェックを心がけたいところです。次から、その方法を詳しく紹介します。

<セルフチェック法と乳がんを予防する生活習慣>

1)月に一度は乳房チェックを

「乳がんは自分で発見しやすい病気です。変化に気づけるよう、日ごろから乳房の状態を確認して」(山内先生。以下同)

月に一度は、じっくりチェック。

「月経がある人は、乳房がやわらかくなる月経後1週間以内に、閉経後は、実施日を決めて行うとよいでしょう」

〈鏡の前で観察する〉

両手を下げた状態と上げた状態で乳房を見て調べます。

〈手でさわって調べる〉

しこりやへこみがないか、手でさわって確かめます。

手でさわる際には、立った状態とあおむけに寝た状態で調べてください。

さわる範囲

  鎖骨の下から胸全体と、わきの下

さわり方

人差し指から小指、4本の指の腹をそろえ、乳首と乳輪の周りを、円を描くようにさわる

同じく、乳房全体を、縦横に平行線を引くようにさわる

親指と人差し指で、乳首や乳輪をつまみ、乳頭から分泌物が出ないかを調べる

2)バランスのよい食事で標準体重を維持して

「脂肪細胞からエストロゲンが分泌されるので、予防のためには肥満は厳禁です。太り気味という人は、標準体重を目標に1ヵ月に1~2キログラムの減量を目指して、1日1500キロカロリーを目安に、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

また、乳がんの治療中の場合は、薬剤の副作用でとくに太りやすくなるため、体重管理をより意識することが大切です」

3)運動習慣が発症リスクを下げる

肥満予防のために運動を習慣化してほしい、と山内先生。

「運動習慣が乳がんのリスクを下げることがわかっています。ウォーキングや自転車などの有酸素運動がおすすめ。掃除機がけといった家事なども含め、できれば毎日1時間ぐらいの運動を心がけましょう」

また、運動は乳がんの薬物治療による副作用の軽減にも有効だそう。

「治療中の場合は、無理せず、きついと感じる手前でやめることが肝心です」

術後は専用の下着やウィッグを活用

術後に備えて知っておきたいことの一つが、下着事情です。

「術後専用の下着があり、乳房の状態に合わせて選べます。乳房の大きさや形、位置などに左右差が生じた場合は、補整具を入れてバランスを整えることも可能です」

また、抗がん剤治療では、薬の種類や量によって、脱毛する場合があります。

「脱毛が始まるのは、抗がん剤投与の2~3週間後。脱毛率の高い抗がん剤の投与が決まった時点で、帽子やウィッグを用意するとよいでしょう。投与が終われば、頭髪は約1年でショートヘアほどの長さまで回復します」

ジャンルで探す