秋川雅史、二科展受賞後に語る「歌は1日1時間半、木彫は5時間…。趣味が、歌への向き合い方も変えてくれた」

「11年ほど前に訪れたドイツで、気に入った鷹の木彫刻を手に入れ、そばで眺めるうちに〈自分にも彫れるかもしれない〉と思い立ったんです」(撮影:本社写真部)
「千の風になってコンサート~聴いてよくわかるクラシック3~」で全国ツアー中のテノール歌手、秋川雅史さん。2021年第105回記念「二科展」の「彫刻部門」に初めて自身の作品「木彫楠公像」を出品、芸能人初の入選を果たした。精巧なその作品は、プロの彫刻家をも唸らせるほど。木彫刻との出会い、声楽家との二刀流の生活ぶりなどを伺いました。(構成=岡宗真由子 撮影=本社写真部)

* * * * * * *

【写真】真剣な眼差しで作品を彫る秋川さん

「自分にも彫れるかも」と見様見真似で始めて

生まれ育った愛媛県・西条市では、年に一度の祭りの時に、それはもう見事な木彫刻を施されただんじりが集結します。その記憶が刻まれているからなのか、彫刻を見ることは昔から好きでした。

11年ほど前に訪れたドイツで、気に入った鷹の木彫刻を手に入れ、そばで眺めるうちに「自分にも彫れるかもしれない」と思い立ったんです。僕は幼い頃から絵が得意な方ではなかった。絵って、実際には立体で存在しているものを平面に落とし込む作業で、今でもやり方が理解できません。僕にとっては、360度見えているそのままを彫り出していく彫刻は簡単に思えたんです。もちろん、大抵の方は逆だとおっしゃいますけれど。(笑)

いざ始めるとなった時は、東急ハンズに出向いて、小学生が学校でそろえる5本セットの彫刻刀を買いました。「レリーフの彫り方」というような本と、それ用の板も買ってきて、見様見真似で彫り始めました。

でも、やり始めるとわからないことだらけだったので、我流ではだめだと思った。そこで、ネットで「木彫刻」「教室」「東京」と検索をかけて、1番上に上がった先生を訪ねることにしました。それが今も教えていただいている関侊雲先生との出会いです。

「彫刻に関しては根拠なく〈これは、いつかできるようになる〉と思えたんです」

最終目標だったはずの楠木正成公

先生は10代から厳しい師匠に鍛え上げられた方。腕もさることながら知識のレベルも凄くて、教わったことはすべて「目から鱗」でした。木彫刻の世界では、やすりを使ってはいけない、ですとか。丸く見える面も、幅1ミリもない刃で同じ向きに彫っていって滑らかにしていく。

自分では完成させたつもりの作品を先生に持っていったら、「はい、ではここから仕上げをして行きましょう!」と言われて愕然としたこともあります。(笑)

でも、彫刻に関しては根拠なく「これは、いつかできるようになる」と思えたんです。僕はもともと得意不得意がはっきりしている。歌に関しても、コンクールで優勝する前から自信がありました。でも彫刻に出会うまでは、歌以外には目がいかない人間で、なんだったら仕事も音楽、趣味も音楽。余暇も音楽に費やしていました。なぜだか少しの隙間に彫刻が入り込んできたわけです。

今回二科展に出品した「楠木正成公像」は、皇居前にあるブロンズ像を参考に作ろうと、いろんな角度から写真を撮ってお手本にしました。関先生にお会いした最初の頃に「何を一番彫りたいですか?」と聞かれて、「高村光雲という彫刻家が好きなので、その代表作である楠木正成公をいつかは彫ってみたいです」とお話していて。

そして僕は、楠木正成公を「桜」で彫りたかった。桜というのは硬くて彫りにくい木材なのですが、色が美しく、独特の艶を持っています。質のいい60センチ角の大きな桜材を見つけるのはなかなか難しいものなので、「もし良いものがあったら教えてください」と先生に相談していました。それが思いのほか早く見つかってしまったんです。

僕にとって最終目標だったはずの楠木正成公ですが、頭の中に構想があるし、木材も手元にあることだし、早く彫りたくて仕方なくなってしまった。

二科展の彫刻部門に入選した「木彫楠公像」。9月13日まで国立新美術館で公開されていた(写真提供:秋川さん)

歌も彫刻も俯瞰の視点で全体を見て

ところが、いざ彫り始めると、たくさんの難所がありました。正成公の馬の手綱を握った手と、胴体と馬との間を彫り進んだりとか……。木目に沿って彫らなければいけないので、場所によっては手を逆にして彫ったりする必要がある。

兜の裏側を仕上げるために、とか、その都度、特注で彫刻刀を注文しました。1箇所を彫り終わったら、一切出番がない彫刻刀もある。いつの間にか100本以上手元にあります。

皇居前の楠木正成公像は全長が4メートルもあり、下から見上げることが前提になっています。一方僕の彫像は60センチですから、顔の向きをはじめ角度や細部を自分でバランスを変えて制作していく必要がありました。彫っては少し離れたところから眺め、また彫っては眺めを繰り返します。

木彫刻というのは、折れたのを接ぐことはできるのですが、彫りすぎてしまうと2度とやり直すことはできません。でも、毎日毎日取り組んでいると細部だけにフォーカスしてしまって、全体のバランスがわからなくなってしまう。

ここには歌との共通点があるのですが、歌も練習していて1ヵ所気になるところがあってそこばかり練習してしまうと、なぜか不調になってくる。そういう時は3、4日休んで、俯瞰の視点で見ることで初めて、もう一度全体の調和が取れるようになります。

どこかにオリジナリティを入れて

来年には「木彫・楠公像」の展示も含む、初の個展を企画しています。そこでは今彫っている1m20cmの龍の彫刻をメインに飾ろうと思っています。

もともと僕は「強さ」というものに憧れがあって、彫刻でも戦いのシーンや龍や獅子、強いものに惹かれるところがありました。実は自分でも筋肉を鍛えることに興味がある頃があって、高校生の時はボディビルの雑誌を見て、毎日、腹筋や背筋に精を出していました。筋肉のつきにくい体質らしく、お呼びじゃなかったんですけれど。(笑)

これからの構想としては、対になった仁王像を彫りたいと思っていて、高さ1メートル、2つセットの木材を購入しました。仁王様というのは空想の産物なので、筋肉のつき方なども人間とは違って作られているのですが、僕は「人間の筋肉をまとった仁王様」を新たに作りたいと思っています。歌でもそうなのですが、何かを手本にするとか、カバーをするにしても、どこか自分のオリジナリティが作品に入っていないとモチベーションは上がらない質ですね。

歌の鍛錬は1日1時間半、基礎トレーニングを30分と決めています。喉は練習し過ぎてしまうと声帯を傷めてしまうので時間を決めて。

彫刻は…1日5時間くらいやっています(笑)。彫刻には怪我がつきもので、以前1時間経っても止血できないほどの深い切り傷を作ってしまったこともありました。ピアニストだったら、周囲からもう彫刻はやるなと止められていたと思います。(笑)

作品作りの最初の段階、四角い形の木からある程度の像の形まで彫っていく時なんかは、もうとにかくガンガン彫るので、肩がパンパンになってしまう。そんな時には水泳に行って肩の凝りを散らすようにしています。

「自分の成長が感じられる」趣味は格別

彫刻をやり過ぎてしまう以外は、節制した生活を送っています。お酒は大好きなのですが、年に一度、地元の西条祭りの時しか飲みません。なのでコロナで祭りがないので2年の禁酒。でも規則正しい生活をすると、身体が応えてくれると気づいてしまったので、節制はやめられませんね。(笑)

身体の調子を整えるために毎日ジョギングもしているのですが、最後には2本ほど短距離ダッシュをします。というのも、最近マスターズというシニアの大会に短距離種目で挑戦しようかと思い立ち、100メートルのタイムを計っているんです。

「100メートル走」って、僕にとっては肉体の強さを象徴するような種目。早く走れることって純粋にカッコいいと思いませんか。まだまだ高校生の時のタイムには戻りませんが、徐々にタイムが縮んできました。

「自分の成長が感じられる」趣味というのは、格別の喜びをもたらしてくれるものです。彫刻は、そういう意味でも楽しくて楽しくて仕方ない。やはり、どんどん上達している感覚がありますから。

声楽も50代がピークと言われている世界なので、今でも上手くなっていく手応えはあります。でも歌は、上手くなりたいという思い、「欲」が強すぎて、どこか苦しかった。高みを目指して練習して、そこに到達すると、さらなる高みが見えてくる。そして過去の自分は随分と青く感じられます。

だから15年前の「千の風になって」を聴き返すのは当時の未熟さを感じてしまって、正直とても恥ずかしい。お客様にCDを「ぜひ聴いてください」とアナウンスする一方で「もう聴かないでほしい」とも思ってしまう(笑)。10代の頃書いたラブレターを見られている心境ですかね。

「昨年からコロナでコンサートも軒並み中止になりましたが、正気を保っていられたのは彫刻という打ち込めるものがあったから」

趣味の彫刻から多くのものを得て

でも最近気づいたんです。歌について、苦しみ抜いて鍛えてきたわけですが、毎日ただただ楽しんで続けている彫刻も着実に腕を上げている。それならば歌もその境地で挑めばいいのではないか、と。

昨年からコロナでコンサートも軒並み中止になりましたが、正気を保っていられたのは彫刻という打ち込めるものがあったからです。趣味で始めた彫刻なのですが、本当に多くのものを得ることができました。

歌について、今後の目標はオペラに出演することです。オペラはマイクなどの音響設備のない時代に人間の肉体の限界に合わせて作られた芸術です。人間の生の声が最も遠くに届くようにと、高いキーで作曲されました。

だからプロの歌手であっても、全幕を歌い上げること自体が大変なんです。そんなオペラのオファーがあればいつでも万全の状態で受けられるようにしたいと、日々修練しています。

オペラとは主演の歌手以外にもオーケストラ、合唱団、舞台装置なども贅沢で、非常にお金がかかります。チケットだけでは実は大変で、スポンサーも必要。多くの方がクラシック音楽への理解と愛を持ってくださる土壌がないと興行することが難しい芸術です。

だから僕はクラシック音楽への扉の入り口に立って、皆様をその世界に誘う役割を、これからも担っていきたいと思っています。

ジャンルで探す