沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

ヤマザキマリ 「近所から非難されるから帰省しないで」に感じる日本の戒律

学生時代、亡命生活を送っていたイラン人の友人に聞いた、両親にプレゼントを贈ろうとしたら断られたという話を不意に思い出したヤマザキさん。そのきっかけとなった、今の日本の出来事、そして断られた理由は……(文・写真=ヤマザキマリ)

* * * * * * *

イランの宗教《道徳》警察

イタリアでの学生時代、宗教革命に反発したかどで亡命生活を送っていたイラン人の友人がいた。その彼のもとへ、5年間会っていなかった故郷の両親が訪ねてきた時のことだ。

父親が着ている裾のすり切れた古いコートを哀れに思った息子が、街中へ散歩に出た際に、洋装店のウィンドウに飾ってあったごく普通のコートを自分からのプレゼントだと父親に勧めたところ、「そんな新しいコートを着て外を歩いたら、宗教警察がやってきて容赦なくはぎ取っていくだろう」という驚きの答えが戻ってきた。イランへの帰国が迫ってきたころ、新しいショールを息子からプレゼントされた母親も、同じように宗教警察を恐れて受け取れないと悲しそうに断ったという。

あれから35年が経過しているが、イランでは相変わらず宗教警察が戒律を守らない市民を見つけ出そうと目を光らせ続けている。このイスラム圏における宗教警察は《道徳警察》と呼ばれている。

反米路線の社会体制にあるイランでは、欧米の影響を受けた服装や、女性の派手な装いや化粧、そして未婚の男女間の交際への取り締まりが強化されて、このような警察が組織された。取り締まりを受けた人は、見せしめとして暴力を振るわれる場合もあるという。妬みを持った隣人が宗教警察に告げ口をしたことで裁判所送りになった人もいるということだ。

日本の《世間体》という戒律

先日、東京に住む知人から、地方都市で一人暮らしをしている父親がいて、腰痛が悪化し自由に動けなくなったという連絡があったものの、「コロナ感染者の多い地域から帰省すると、周りから非難されるので絶対に帰ってくるな」と言われ、どうしたらいいのかわからないという話を聞いた。

車を使わず、夜に着く列車でこっそり行けばわからないではないかと父親に提案をしたが断られたそうだ。「もしお前が来ていることがわかれば、父さんはもう近所付き合いができなくなる。そんな目に遭うくらいなら我慢する」と頑なだったという。

不意にこのイランの宗教警察の話を思い出した。

イランではイスラムの戒律が基軸となった宗教警察が存在し、民衆にイスラムの模範的精神で一体化することを強制しているが、日本でこれに当てはまるのが世間体というやつだろう。コロナ禍でなくても日本の人々は常にこの世間体の戒律に縛られて生きているが、民主主義という体制の下、人々はそれでも個人の自由が守られた暮らしをしていると信じ込んでいる。

しかも世間体の戒律は流動的で実態が見えない。社会性の生き物である人間にとって帰属する群れは必須だが、人々に個人の意識がある限り、群れを存続させていくための統制は容易ではないから戒律が必要なのもわかる。ただ、その戒律には、利他や寛容という人間らしい心の機能を粉砕する性質があることを忘れてはならない。

一人暮らしの父親が心配で仕方ない知人の不安と寂しさに満ちた表情が、かつて買ったばかりの新しいショールの受け取りを断った母親の話をしていた、イランの友人の悲しげな顔と重なった。

ジャンルで探す