居間で泥酔する妻を叱ったら逆ギレ → 家庭内別居になった男性

画像はイメージ

一生の愛というものは、相当な覚悟がないと貫けないのかもしれない。埼玉県の50代男性(医療・福祉・介護/年収300万円)は、「その日から家庭内別居になりました」と、ある日の出来事を綴った。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「離婚したいと思った瞬間」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/NQTLY3J8

「私が酒を飲んではっちゃけちゃいけないのかよ!」

男性の妻は「酒が命」だったようで、ある日、男性が夜勤明けで家に帰ると、居間のテーブルとソファーの隙間で妻が大の字になって寝ていたという。ここまではたまにあることだが、この日は

「床もテーブルも酒をこぼしてびしょ濡れ、飲み散らかし食い散らかしで床もテーブルも悲惨な状態」

だったというのだ。仕方なく男性が後片付けをし、妻が起きたあとにこれを「迷惑だ」ととがめた。すると妻は

「私が酒を飲んではっちゃけちゃいけないのかよ!」

と逆ギレ。その後共同のパソコン部屋から男性のパソコンとパソコンデスクを外に放り出し、

「2階の寝室から自分のベッドを解体してその部屋に持ち込み、組み立てて、パソコン部屋を自分の部屋にしてそこに引こもるようになりました。その日から家庭内別居です」

と事の顛末を語った。恐らく男性と妻との間には、長年積み重なった不満があったのだろう。

ジャンルで探す