夏のボーナス、アップした人々「初めて100万超え」「昨年はコロナで15万、今年は回復し60万」

画像はイメージ

会社の業績が好調なら、ボーナスの額にも反映される。キャリコネニュースの夏のボーナスをテーマにしたアンケートに、大幅アップを喜ぶ回答が複数寄せられた。「去年は別カンパニーがコロナの影響を食い15万」だったという40代前半の男性(香川県/エンジニア、機械・電気・電子・半導体・制御/正社員・職員年収450万円)は、

「今年は回復して60万支給されました。このまま上がって欲しい」

と一息ついた様子。使い道は「税金や生活費と貯金」で、「車が欲しいがまだまだです」とも綴っている。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「昨年100万円が今年は195万円に大幅アップ」

最近の原料価格の高騰によって、収益が改善された企業もある。香川県に住む30代後半の男性(営業/正社員・職員/年収900万円)が働く会社もその一つだ。

「昨年100万円が今年は195万円に大幅アップ。素材系の会社ということもあり、原料高による価格改定で収益が大幅に改善。ボーナスの半分は投資信託を予定」

東京都に住む20代後半(Web・インターネット・ゲーム/正社員・職員/年収650万円)の男性は、「昨年は150万円で今年は200万円」と増額したものの、不満をこうこぼす。

「50万円も額面で増えたのに手取りは20万円しか増えておらず、税金と社会保険料が高すぎて憎い。ボーナスはNISAにぶち込む予定」

一方で、「昨年比で30%増しくらいで、初めて額面で100万を超えた」と喜びを語るのは、福岡県に住む30代後半の女性(サービス・販売・外食/正社員・職員/年収600万円)だ。自身が働く会社をこんな風に称賛していた。

「業績が好調で全社員同じくらい上がったし、パートアルバイトの方々も少額だけど還元されていて、我が社ながら健全な会社だなって思います。半分は投資、半分はご褒美と家族のお祝いに使いました」

ジャンルで探す