年収1000万円プレイヤーのボーナス事情「昨年260万、今年350万。税金が増えて困る」

イメージ画像

画像はイメージ

先日経団連が発表した大企業の夏季ボーナスの平均額は93万円ほどというが、それはあくまで平均だ。キャリコネニュースが夏のボーナスをテーマにアンケートを実施したところ、年収1000万円の読者たちから、

「昨年115万円が今年は132万円。業績が良く、個人の目標も超過達成したことが増加の要因」(神奈川県/男性30代後半/専門職、コンサルタント・士業・金融・不動産/正社員・職員)

といった、高額のボーナス支給額を明かす回答が複数寄せられている。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「旅行と家電で30万ほど使って、後は貯蓄に回す予定」

大阪府に住む30代前半の男性は「昨年は95万円 今年は120万円。昇級したので基本給があがりました」と前年と比べ増額を報告しつつ、

「ボーナスは住宅購入に向けて全て貯金です。会社の業績はコロナ前後と変わらず、支給月数も変わらずです。周りの友人はだいたい150万円前後貰ってるので、もう少し貰えたら嬉しいです」(営業/正社員・職員/年収1000万円)

と若干の希望も付け加えた。

「昨年260万、今年350万」と高額な上にも大幅アップを明かしたのは、神奈川県に住む30代前半の男性で、

「増えた理由は成績が良かったため。困っていることは税金が増えること、各種行政サービス(児童手当など)の対象から外れること。使い道は車の購入費」(事務・管理/正社員・職員/年収1000万円)

と困りごとも含めさらりと綴っている。愛知県に住む40代前半の男性も会社の業績が好調で、なんら不足はないようだ。

「去年160万円、今年210万円。会社の業績に連動するため、増額になった。額面に不満は無い。旅行と家電で30万ほど使って、後は貯蓄に回す予定」(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/年収1000万円)

しかし、年収1000万円の50代前半の女性読者からは、こんな声も入っていた。

「15万円。規定で決まっているので、増えも減りもしません。インセンティブ制の職場なので、ボーナスは15万と決まっており、増えも減りもしません。何か欲しいものを買える金額ではないので、毎年普通預金に放置したままです」(岡山県/営業/正社員・職員)

 

ジャンルで探す