夏のボーナス、100万円超の人々 「110万円。製薬会社です」「115万円。インフラ系の会社」

イメージ画像

画像はイメージ

夏のボーナスシーズンが到来した。金額は会社の規模や業績によって数万円のこともあれば100万円を超えることも。キャリコネニュースで「夏のボーナス」をテーマにアンケートを行ったところ、100万円超のボーナスを支給された人からも回答が集まった。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナスいくらですか? 2022」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

「去年→130万円、今年→145万円」

東京都に住む30代後半の男性は、勤務先の業種も明かしてくれた。

「110万円。ボーナスは安定している。製薬会社なので業界上良くも悪くも大幅なアップダウンはない。使い道はレジャー、貯金、子供の学校で必要な物を購入」(営業/正社員・職員/年収800万円)

エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)として働く30代後半の男性も、安定した業種で精神的にも余裕がありそうだ。

「昨年とあまり変わらず、今年は115万円。昨年と評価があまり変わらなかった。また、インフラ系の会社なので、業種として変動が少ない。特に困ることもなく、変わらず支給されることがありがたいです」(愛知県/正社員・職員/年収850万円 )

「去年→130万円、今年→145万円」と15万アップを明かしたのは神奈川県の40代前半の男性で

「規定(想定)の1.5倍の支給額となるが、会社業績によっては増額(或いは減額)とも規程には記されているので、今回の支給額は業績が好調なことによるところが大きい。いくらかは住宅と車の増額のローン、車のメンテに消えるが、あとは投資信託でも買っておこうかと思っている」(企画・マーケティング・経営・管理職/正社員・職員/年収850万円)

と余裕の構えだ。このほか、山梨県に住む30代前半の男性から、こんな声も入っている。

「200万円。業績アップのためボーナスは高い。前回比較でボーナスは微増のみ。使い道はイギリス旅行、ローンの支払いを予定してます」(事務・管理/正社員・職員/年収900万円)

余談だが、今回紹介した回答は図らずも年収800~900万円という年収帯だった。

ジャンルで探す