なんという偶然!? 面接官が「前日、飲食店で隣の席にいたパパさんでした」というエピソード

画像はイメージ

就職・転職活動は、時にかなり苦戦を強いられる。しかし、茨城県の40代女性は、あることがきっかけで

「決まる時はこんな簡単に決まるんだ」

と感じたという。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「良い意味で信じられないような体験をした」

「転職活動は苦戦続きだった」と語る女性。その日も採用面接に臨んだ際、面接官がなんと「前日に行った飲食店の隣のテーブルにいた家族連れのパパさん」だったという。

「面接官からの『昨日〇〇にいたよね』という質問からはじまり、あっさり内定ゲットしました」

たまたま隣のテーブルだった人を覚えていることもすごいが、それだけで「あっさり内定ゲット」というのだから驚きだ。面接官は何かの縁だと思ったのか、偶然の出来事に場がなごんだのか。女性は、「転職活動は苦戦続きだったのに、決まる時はこんな簡単に決まるんだと思いました」と振り返る。

また富山県の40代女性は、「信じられないような経験をした」と自身の就職活動の思い出を語る。

「地方から新幹線を使って東京のIT関連企業の面接に行ったら、往復の交通費が全額支給された」

結局は不採用になってしまったが、「学生に数万円の交通費をポンと払えるような都会の企業の太っ腹さに、良い意味で信じられないような体験をした」と振り返っている。

ジャンルで探す