五輪開催に相次ぐ不満の声「IOCと政治家を肥えさせるだけの無駄な税金投入としか思えない」

五輪開催、反対の声多数

1年の延期を経て開催が予定されている東京五輪・パラリンピックだが、このコロナ禍における平和の祭典の決行を疑問視する人は多い。都内の50代男性(正社員/年収400万円)は「オリンピックはなくても生きていける。でもコロナウイルスに感染したら、生命が危ぶまれる」といい、

「緊急事態宣言で国民を制圧しオリンピックをやろうとしている、政府の開催賛成派の意図が見え見え」

とも述べていた。また奈良県の50代女性(正社員/年収400万円)からも

「来日する外国人選手団は、PCR検査の陰性証明書を持っているとのこと。しかし、いくら陰性であっても、後から陽性になる事例も多くあるため信用はできない。日本の全国民にワクチンが広がらない限り延期にしてほしい」

という声が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「2年連続で街の夏祭りが中止になったのに」

岡山県の50代男性(正社員/年収300万円)は、「やっと私のところでは老人のワクチン接種が始まったばかり。それなのに現時点で緊急事態宣言中にも関わらず、安全・安心なオリンピックではないでしょう」と自身の地域事情を引き合い出しながら、五輪開催を反対している。

沖縄県在住の40代女性(個人事業主/年収300万円)は、現在の沖縄県の感染爆発について「ゴールデンウイーク時の観光客の多さ」と指摘した上で、

「人が少しでも動けば、感染は必ず再拡大する。それが今回のゴールデンウイークで目に見えて分かったから、オリンピック開催の選択肢は現時点でないと思う。もっと感染を抑えてからやるべき」

と結んでいる。

「安心・安全な開催ができるとは到底思えない」

宮城県の50代男性(事務・管理/年収500万円)も「2年連続で街の夏祭りが中止になったのに、それより大規模なオリンピックを開く意味が分からない」とし、

「地域経済がどうなっても、国は気にしないということなのか。『安心』『安全』と念仏のようなセリフを唱えるだけの馬鹿は要らない」

と強い嫌悪感も示した。

それ以外にも

「今も我慢している子ども達のことを考えてほしい。さまざまなスポーツでの思い出だけでなく、最後の試合も果たせないまま終わったのだから。当たり前の日常が戻っていない中で、安心・安全な開催ができるとは到底思えない」(40代女性/大阪府/教育・保育職/年収350万円)

「近年の拝金主義のオリンピックは、IOCと政治家を肥えさせるだけの無駄な税金投入としか思えない」(40代女性/大阪府/ITエンジニア/年収1000万円)

といった声が寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き東京五輪、開催するべき? 中止するべき?のほかあなたの職場のサイコパスオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

ジャンルで探す