ロシア ウクライナに軍事侵攻

自分に最適な睡眠時間や栄養素の摂り方がわかる…生活に役立つ遺伝子情報

TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月~金曜7:00~)。「フラトピ!」のコーナーでは、生活に役立つ“遺伝子情報”について取り上げました。

◆遺伝子情報を知ることで生活が豊かに

今回、生活に役立つ遺伝子情報について解説してくれるのは、NewsPicksのプロピッカーで生命科学の専門家・高橋祥子さん。

高橋さんによると、今は個人レベルで遺伝子情報の解析が可能で、実際に高橋さんが代表を務める会社「ジーンクエスト」でも唾液から遺伝子を解析し、自分の体質がわかるサービスを提供中です。

これまでは遺伝子と疾患・病気の相関関係などが主に研究されてきましたが、「最近では、もう少し一般的な体質と遺伝子の関係もわかってきている」と言います。例えば、“睡眠”に関しても「早起きしたほうがいいというのは、嘘だということが遺伝子的にわかってきている」と高橋さん。睡眠の質にも多様性があり、遺伝子情報から最適の睡眠の深さや長さ、そして朝型か夜型かといった活動時間帯も得ることが可能で、「自分の睡眠体質を遺伝子から知ることで、自分の生活に活かすことができる」とメリットを語ります。

「非常に面白いですね」とキャスターの堀潤が反応すると、キャスターの田中陽南は「自分が朝型か夜型かわかれば、働き方もかなり変わってきそう」と関心を示します。ちなみに、高橋さんの睡眠体質は「浅い」、「長い」、「夜型」で、それがわかったことで生活スタイルも大きく変化したそう。

◆食生活やダイエットにも遺伝子情報は必須

遺伝子情報と“食”に関する研究も進んでおり、例えば遺伝子のタイプによって吸収しやすい栄養素と吸収しづらい栄養素があることなどがわかっていると高橋さん。それがわかることで必要な栄養素をいかに摂るべきかなどさまざまな対策が立てられ、「遺伝性情報に基づいて最適な栄養管理を行い、病気の予防に役立てるという考え方も出てきている」と言います。

また、ダイエットにも遺伝子情報は有効で、「糖質を制限したほうがいいのか、脂質を制限したほうがいいのか。そうした代謝の体質も遺伝子によって違うのでそこを知ってからダイエットに活かすということもされている」と高橋さん。

そして、遺伝子情報をより有効的に活用するための取り組みも。例えば、高橋さんのジーンクエストとパナソニックによる「GENOME HOUSE(ゲノム・ハウス)」というプロジェクト。これは「遺伝子情報で最適な住まいを作ろう」というコンセプトのもと、将来的に遺伝子情報が活用できるであろう未来予想図を展示したものです。

例えば、肌質や肌の保湿力と遺伝子の関係も明らかになってきており、保湿力が低い人のために保湿力のある環境を用意したり、睡眠の体質に合わせて住まいの照明をセレクトしたり、またアレルギーを考慮したものなども。さらには、遺伝子により自分の祖先がどこからきたのか、何万年前にどの大陸にいたのかなどもわかるため、先祖が暮らしていた地域のものを使ってリラックスできる家具を作るなど、さまざまなチャレンジが行われています。

これには田中も「祖先の遺伝子情報で置く観葉植物を決めるのは新しい。ちょっと知りたいなと思った」と興味津々。最後に高橋さんは「遺伝子で全てが決まるということはないが、人には遺伝要因と環境要因があり、遺伝要因を知ることで自分のことをより深く理解できるヒントになると思う」と話していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:堀潤モーニングFLAG
放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00 「エムキャス」でも同時配信
キャスター:堀潤(ジャーナリスト)、田中陽南(TOKYO MX)
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/morning_flag/
番組Twitter:@morning_flag

ジャンルで探す