新型コロナ 最新の感染状況や対応は

「だまされていませんか?」「ちゃうわ」 ATM前、説得の行方は

大阪府警泉佐野署で感謝状を受け取る狭間富博さん=2021年8月30日、大阪府泉佐野市

 8月の月曜の昼下がり。大阪府泉佐野市の商業施設のATMで、会社員の狭間(はざま)富博さん(49)は現金をおろしていた。

 隣のATMでは、高齢の男性が誰かと電話しながら画面を操作していた。会話の内容は聞き取れなかったが、どうやら手続きがスムーズに進んでいないらしい。

 見回すと、順番待ちをしていた人たちが、「おじいさん、大丈夫かな」といった表情を浮かべて男性の後ろ姿を見ていた。

 高齢者、電話、ATM……。ニュースでよく報じられる特殊詐欺だろうか。考えを巡らせていると、男性の後ろに並んでいた女性と目が合った。よし、声をかけてみよう。

 「すみません、だまされていませんか」

 肩をつついて問いかけると、男性は振り向いて電話を中断し、不機嫌そうに答えた。

 「ちゃうわ。お金をもらう方や」

 違和感を覚えた狭間さんは電話を代わるよう頼み、スマートフォンを受け取った。

 画面には「070」で始まる番号。電話口の男は大手銀行の「お客様サポート」を名乗り、「詐欺じゃないかとよく間違えられるんです」と愛想良く説明した。

 狭間さんは、やはり詐欺だと確信し、「本当なら銀行の固定電話からかけ直してくれませんか」と求めた。すると、電話は切れた。

 ほっとしたのもつかの間、今度は「もうちょっとでお金がもらえたのに、何してくれんねん」と男性が詰め寄ってきた。さらに、警察署に電話をかけ、「隣の人に邪魔されて金を受け取れませんでした」と訴えた。

 ところが、電話口の警察官も、繰り返し詐欺だと男性に説得したようだった。男性は次第にうなだれ、最終的には「そうなんですか」と事態を受け入れた様子だった。

 まもなく、警察官が到着した。狭間さんは状況を説明して、その場を去った。

 府警によると、男性が受けた電話は特殊詐欺の一種で、「還付金詐欺」と呼ばれる手口の典型例。犯行グループが高齢者宅に電話をかけ、納めた税金や保険料の一部が戻ってくるとうそを言ってATMに誘導し、巧妙な話術でだまして大金を送金させるものだ。

 男性は「医療費が9万9千円戻る」と持ちかけられ、信じ込んでいたという。

 数日後――。

 仕事が休みだった狭間さんに、職場の上司から電話がかかってきた。

 狭間さんが渡した名刺を頼りに、男性が菓子折りを持って、助けてもらったお礼を言いに来たという。狭間さんは「わかってもらえて良かった」と一安心した。

 泉佐野署の林秀樹署長は8月30日、被害を防いだ狭間さんに感謝状を贈った。

 狭間さんは、大手家電量販店の「白モノ」担当のベテラン販売員。「見ず知らずの人に話しかけるのは慣れています。通報されたときは『ちゃうちゃう』と焦りましたけど」と苦笑いを浮かべて振り返り、「今後も同じような場面に遭遇したら、じゃんじゃん声をかけていきたいです」と話した。(茶井祐輝)

ジャンルで探す