各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

大阪府が今週末の外出自粛を要請 「コロナ急増の懸念」

吉村洋文知事

 大阪府の吉村洋文知事は27日夕、新型コロナウイルスの感染が急増する懸念があるとして、今週末は不要不急の外出を自粛するよう府民に求めた。先週末は兵庫県との往来自粛を求めたが「危険な状況にある」として対象を拡大。兵庫県や首都圏の5都県も外出自粛要請をしており、週末は2大都市圏で市民の行動が大きく制限される。

 この日、大阪府はプロ野球阪神の藤浪晋太郎投手(25)を含めて、過去最多となる計20人の感染を発表した。18人は現段階で感染経路が不明。感染経路の分からない人は72人となり、集団感染が起きたライブハウスに関係する感染者数を上回った。

 検査件数あたりの陽性率も14・4%と高かったことから、吉村知事は「徐々に市中感染が広がっている状況だ」と判断した。そのため「この週末はできるだけ不要不急の外出を控えていただきたい」と求めた。

 20日から22日の先週末の3連休は、大阪府と兵庫県間の不要不急の往来を自粛するように求めていた。感染者が27日までに両府県で計586人、4月3日までに計3374人に急増するという厚生労働省のクラスター班の専門家が作成した試算を根拠にしていた。

 実際、両府県で感染者は増えたが、26日時点で大阪府で156人、兵庫県は120人と、試算より大幅に少ない。吉村知事は「兵庫県の陽性者は(ここ数日)1日1、2件で推移している。大阪だけ陽性者が増えているので、大阪の皆さんに(自粛を)お願いした」と話した。

 兵庫県の井戸敏三知事も27日の会見で、19日から31日までとしていた不要不急の外出や、大阪など人口密集地との往来の自粛要請を、4月7日まで延ばすと明かした。

 大阪府の要請は、兵庫県や26日に東京都や神奈川県、千葉県など首都圏の5知事が共同要請した外出自粛と同様のものだ。いずれも13日に成立した改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくものではない。(増田勇介、森下裕介)

ジャンルで探す