父は合格、息子は追試 南米最高峰で健康チェック

ベースキャンプのダイニングテントで、チームドクターの大城和恵さんから健康状態のチェックを受ける三浦雄一郎さん=2019年1月10日午後、アルゼンチン・アコンカグア、金子元希撮影

 南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降に向けてアルゼンチン入りしているプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)に、朝日新聞記者が同行しています。

     ◇

 三浦さんは遠征10日目の11日、登山に必要な現地医師のメディカルチェックを受け、無事にパスした。アルゼンチン入り以降徐々に進めてきた、高度に体を慣らす「高度順応」が順調に進んできているようだ。

 標高4200メートルのベースキャンプ(BC)、プラサ・アルヘンティーナには医師が常駐している。血圧や血中酸素飽和度の検査、簡単な診察を受け、問題がないと判断されないと、登山はできない。

 高山病は重症化すれば亡くなるケースもあり、こうしたチェックが事故を防ぐ関門となっている。医師によると、ここで1シーズン約千人がチェックを受けるという。記者もメディカルチェックを受け、医師の存在が登山者の命を守っていると感じた。

 持病の不整脈を抱える三浦さんは日頃から高血圧が課題だ。さらに、高所に行くと、血圧は上がりやすくなる。そこで、同行するチームドクター大城和恵さん(51)らの提案で、アルゼンチン入りしてから徐々に標高を上げる日程にして、体の調整に努めてきた。

 現地入り以来、血圧は高い状態が続いており、前日に一度チェックを受けたときは160。医師から暫定的な「OK」が出たが、11日の再訪を指示された。

 11日、再び受けると、血圧は135に。アルゼンチン入り以来、初めて140を切った。これで三浦さんの登山は完全にOKになった。大城さんは「計画を立てた高度順応がうまくいっている」と喜んだ。

 ところが、三浦さんの体調を気遣ってきた次男豪太さん(49)が血圧が高いと指摘され、後日の「追試」となってしまった。

 山頂へのアタックに向けて、三浦さんはさらに高度順応に努めている。11日はBCから標高100メートルほど登り、1時間余りのハイキングをした。三浦さんは医師のチェックをパスしたことに「非常に良好ということで、うれしい」。この日の行動については「ペースは上がらないけど、調子は悪くない」と語った。

 一方、この日、遠征隊のうち、登攀(とうはん)リーダーの倉岡裕之さん(57)、登山界のアカデミー賞といわれるピオレドールを受賞したカメラマンの平出和也さん(39)と登攀サポートの中島健郎さん(34)2人の高所登山のエキスパートと言える3人は、高度順応のため、上部キャンプを往復する登山に一足先に出かけた。(金子元希)

ジャンルで探す