藤井聡太六段、史上最年少で七段昇段 船江六段を下す

七段昇段がかかる対局で2手目を指す藤井聡太六段=2018年5月18日午前10時0分、大阪市福島区、水野義則撮影

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)六段(15)が18日、大阪市福島区の関西将棋会館での第31期竜王戦(読売新聞社主催)ランキング戦5組の準決勝で、船江恒平(ふなえこうへい)六段(31)に勝ち、七段昇段を決めた。日本将棋連盟によると、15歳9カ月での七段昇段は史上最年少記録。加藤一二三(ひふみ)・九段(78)の17歳3カ月で七段昇段の記録を61年ぶりに塗り替えた。

 竜王戦のランキング戦は最上位の1組から6組まであり、各組の上位者の計11人が挑戦者決定トーナメント(本戦)に進む。成績優秀者は上位の組に昇級する。5組から4組への昇級は4人で、ランキング戦の決勝進出者2人は昇級できる。

 この日は午後8時57分、72手で勝利し、藤井六段は4組への昇級を決め、2017年の5組への昇級と合わせて「六段昇段後、竜王ランキング戦で連続昇級」とする昇段規定を満たし、七段昇段を決めた。

 藤井新七段は、プロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」を経て、16年10月1日付で四段に昇ってプロデビュー。今年2月1日付で五段(名人戦・C級1組順位戦への昇級確定のため)、同17日付で六段(第11回朝日杯将棋オープン戦優勝のため)と、短期間で昇段を重ねていた。(佐藤圭司)

■藤井聡太新七段の話

 ここまで速いペースで昇段できるとは思っていなかった。目の前の一局一局に全力で打ち込んできたのが、昇段という形で表れたのは、うれしく思います。

ジャンルで探す