国内

ハブいないはずなのに…またハブ見つかる 沖縄・粟国島

粟国島で見つかった2匹目のハブ(沖縄県提供)

 猛毒を持つハブがいないとされていた沖縄県・粟国(あぐに)島で13日、生後1~2カ月のハブが見つかった。県が発表した。粟国島では2例目。島で繁殖している可能性があるが、県の担当者は「島に定着しているか、今回だけでは断定できない。引き続き調査を進めたい」と話している。

 県によると、13日午前10時半ごろ、工場の事務所入り口の扉に生きたヘビが挟まっているのを従業員が見つけ、粟国村役場に通報。定期便のフェリーで沖縄本島の県衛生環境研究所に運ばれ、ハブと確認された。全長53・5センチの雌で、8月下旬~9月に生まれたとみられるという。

 島では9月2日に初めてハブが見つかり、県がその後、島内に捕獲器を30台設置して調査している。

 粟国島は那覇市の北西約60キロにある。ハブは南西諸島の広範囲に生息するが、いないとされる島も多く、飛び石状に分布している学術的な理由はわかっていない。(上遠野郷)