再開したばかり…神戸港で遊覧船が岸壁フェンスに衝突 2人軽傷

岸壁に衝突して破損した船の意匠=23日午後5時26分、神戸市中央区波止場町

岸壁に衝突して破損した船の意匠=23日午後5時26分、神戸市中央区波止場町 Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved.

 23日午後5時ごろ、神戸市中央区波止場町の浮桟橋で、遊覧船「オーシャンプリンス」(170トン)が着岸した際、岸壁に衝突した。乗組員4人と乗客15人のうち、乗客の女性2人が軽いけが。

 神戸海上保安部によると、同船は同日午後4時15分ごろに出発して45分程度、神戸港付近を周遊して到着時、前方の岸壁に衝突。岸壁のフェンスが曲がり、船首の一部が損壊した。

 運航する神戸ベイクルーズ(神戸市中央区)によると、遊覧船は新型コロナウイルスの影響で4月8日から運休しており、5月22日に再開したばかりだった。

 同保安部は、操縦者ら乗組員から事情を聴き、原因を調べている。

 現場は神戸ポートタワー付近の中突堤中央ターミナル前。乗船していた兵庫県明石市の自営業男性(48)は「これは止まらないと感じるスピードがあり、通行人が逃げる姿が見えた。ゴーンと音がしてぶつかり、泣いている乗客もいた」と話した。

ジャンルで探す