コロナ陰性の男性を入院させ抗ウイルス薬投与…県立病院、PCR検査結果を誤入力

鳥取県庁

 鳥取県立厚生病院(倉吉市)は25日、新型コロナウイルスに感染していない70歳代の男性患者をコロナ病棟に入院させたうえ、抗ウイルス薬を投与するミスがあったと発表した。健康被害は今のところ確認されていないという。

 県中部の男性が24日に救急搬送され、入院治療に向けてPCR検査を実施。実際は陰性だったが、中央検査室の職員が電算システムに陽性と誤入力した。この結果を電子カルテで見た医師がコロナ病棟へ入院させ、同日中に点滴薬の「レムデシビル」を投与した。

 別の医師が25日、体内のウイルス量を示すPCR検査上の数値を中央検査室に問い合わせたことから誤入力が判明。男性の陰性を確認したうえで一般病棟へ移し、謝罪した。レムデシビルは腎機能低下などの副作用が出るおそれがあり、継続的に健康観察する。

 同病院は「ウイルス量を示す数値もシステム入力する方法に変え、再発防止を徹底する」としている。

ジャンルで探す