大阪市内上空300mからスマホ落下、コロナ対策で開けていたヘリの窓から…山岳救助から帰還時

兵庫県庁

 兵庫県は14日、県消防防災航空隊のヘリコプターに搭乗していた30歳代の男性救助隊員が、大阪市西成区の上空約300メートルを飛行中に私有スマートフォンを地上に落としたと発表した。写真を撮影しようとした際、窓から落ちたという。けが人などの被害は確認されていない。

 発表では、ヘリは14日、大阪府南部であった山岳救助のため、隊員6人を乗せて出動。帰還中だった午後5時10分頃、西成区の上空を時速約180キロで飛行中、隊員がスマホを落とした。窓は新型コロナウイルス対策で開けていたという。

 ヘリ搭乗中のスマホの使用について同隊に規定はなく、同隊は「窓のそばでの使用を禁じるなど再発防止に努めたい」としている。

ジャンルで探す