親子3人殺害、容疑者とのトラブルを県警に複数回相談…息子「警察が十分対応してくれない」

岩田さん方を調べる捜査員ら(14日午前、愛媛県新居浜市で)=読売ヘリから、杉本昌大撮影

 愛媛県新居浜市で親子3人が殺害された事件で、亡くなった岩田健一さん(51)が2年前、無職河野智容疑者(53)(銃刀法違反容疑で現行犯逮捕)とトラブルになっていると、県警に複数回相談していたことがわかった。河野容疑者は今年9月にも健一さん宅に押しかけていたが、健一さんは友人に「警察が十分対応してくれない」と漏らしていたという。県警は対応に問題がなかったか調べる。

 死亡したのは、健一さんと父親の友義さん(80)、母親のアイ子さん(80)。13日午後5時40分頃、新居浜市垣生(はぶ)の岩田さん方で、アイ子さんから「前に来た男ともめている」と110番があった。約10分後に警察官が駆けつけた際には3人とも血を流して倒れていた。

 河野容疑者は、現場で果物ナイフのような刃物(刃渡り13センチ)を所持しており、「殺すために持っていた」と話したという。県警は河野容疑者が健一さんに恨みを募らせ、両親が巻き添えになった可能性があるとみて、殺人容疑でも調べる。

 県警によると、健一さんは河野容疑者と元同僚で、2019年9月と11月の2回、河野容疑者とのトラブルについて県警に相談していた。河野容疑者は今年9月23日にも岩田さん方を訪れ、通報で駆けつけた県警新居浜署員が、河野容疑者に押しかけないよう指導。河野容疑者は「あいつらが悪い」と述べていた。署員は、岩田さん一家に、河野容疑者が来た際は通報するよう要請していた。

 健一さんは、友人男性にも「河野という人物から『殺してやる』と脅されている」と話していた。「警察に相談したが、『相手にするな』と言われるだけで対応してくれない」と悩んでいたという。

 県警はこれまでの対応について「現時点で問題があったかどうかは言えない」と説明した。

ジャンルで探す