ナンバーなし、公道走れないフォークリフトで当て逃げ…酒気帯び運転の男を逮捕

 神奈川県警相模原署は13日、相模原市中央区、会社員の男(51)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕したと発表した。逮捕は12日。

 発表では、男は12日午後8時25分頃、同区内の市道で、酒気を帯びた状態でフォークリフトを運転した疑い。容疑を認めているという。

 トラックを運転していた男性から「当て逃げされた」と通報があり、駆けつけた同署員が運転中の男を発見。呼気を調べると基準の値を超えるアルコール分が検出された。フォークリフトは勤務する会社のもので、ナンバーがなく公道は走れないという。同署で経緯を調べている。

ジャンルで探す