緊急事態宣言 11都府県に発令中

掘削作業中に土砂崩れ、生き埋めの作業員2人が死亡…橋脚の耐震補強工事

 14日午後3時5分頃、栃木県那須塩原市中内の東北自動車道をまたぐ橋の耐震補強工事の現場で、掘削作業中に土砂が崩れ、作業員が生き埋めになったと119番があった。生き埋めになったのは男性作業員2人で、救出後に病院に搬送されたが、いずれも約2時間後に死亡が確認された。

 那須塩原署の発表によると、死亡したのは同市東小屋、村越丈洋さん(25)と、同市埼玉、浅利涼介さん(20)。

 現場は黒磯板室インターチェンジの近く。工事を発注した東日本高速道路那須管理事務所によると、事故当時は橋脚の耐震補強の作業中で、掘った穴の側面の土砂が崩れたという。

ジャンルで探す