各地で感染拡大 新型コロナウイルス最新情報

バス利用申請、実際は徒歩や自転車…国交省職員が通勤手当12年不正受給

 12年以上にわたり通勤手当計約109万円を不正受給したとして、国土交通省は27日、住宅局係長級の40歳代男性職員を同日付で減給3か月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

 国交省によると、職員は2007年4月~昨年9月、都内の自宅から同省までの通勤経路の一部区間(約1・4キロ)では歩いたり、自転車を使っていたりしたのに、バス利用を申請し、定期券代として手当を受け取っていた。全額返納済みという。同省は「誠に遺憾。再発防止に努める」としている。

ジャンルで探す