ゴーン被告、脱出に「日本の協力者」示唆…仏週刊誌

 【パリ=作田総輝】中東レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告は、16日発売の仏週刊誌「パリマッチ」のインタビューで、「日本の協力者なしに脱出できると考えるのは幻想だ」と述べ、日本に逃亡を手助けした人物がいたことを示唆した。

 逃亡の詳細は「私を助けた勇気ある人々を危険にさらすことになるので、語れない」と明かさなかったが、準備期間については「数か月間準備したという報道を耳にしたが、それは誤りだ。私は行動を起こすまで、ぐずぐず考えるタイプではない」と語った。

ジャンルで探す