皇居前で天皇陛下の即位祝う「国民祭典」…両陛下の前で「嵐」が奉祝曲

広場を埋め尽くした人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下(9日午後、皇居で)=代表撮影

 天皇陛下の即位を祝う民間主催の国民祭典が9日、皇居前広場を中心に行われた。

 超党派の国会議員連盟(会長=伊吹文明・元衆院議長)などの主催で、皇居前広場での祝賀式典には安倍首相や各界の著名人、一般公募で選ばれた人ら約3万人が参加。皇居・二重橋に立たれた天皇、皇后両陛下の前で、人気アイドルグループ「嵐」が、この日のために作られた奉祝曲を歌い上げた。

 陛下はお言葉で、即位から約半年、様々な機会に国民と接する中で「皆さんの幸せを願う思いを私たち2人で新たにしてきました」とし、「寒い中、大勢の皆さんが集まり、即位をお祝いいただくことに深く感謝いたします」と述べられた。

 安倍首相は「国民の皆様と心を一つにして、天皇陛下のご即位や新しい時代の輝かしい幕開けをお祝いしたいと思います」と祝辞を述べた。

 国民祭典は、上皇さまの即位10年と20年の時も開かれ、「X JAPAN」のYOSHIKIさんや「EXILE(エグザイル)」が奉祝曲を披露した。

 「奉祝曲」についてはこちら

ジャンルで探す