新名神下り線、大雨でのり面崩落…一部通行止め

 13日午後8時30分頃、三重県四日市市の新名神高速道路下り線の四日市ジャンクション(JCT)―新四日市JCT間で、道路脇ののり面が崩落していると、通行人から中日本高速道路に通報があった。

 同社が確認したところ、のり面が高さ14メートル、幅50~60メートルにわたって崩れ、路肩に土砂が流出していた。けが人や巻き込まれた車両はないが、同社は復旧作業を行っており、14日正午現在、下り線の同区間で通行止めが続いている。土砂の量が多く、復旧には1週間程度かかる見込みという。

 三重県北部では今月4日から6日にかけて大雨が降り、現場では5日にのり面が崩れ、6日に応急措置が取られていたという。

ジャンルで探す