西~北日本で荒れた天気…気象庁が警戒呼びかけ

 気象庁によると、発達する低気圧の影響により、16日にかけては西日本から北日本で非常に強い風が吹き、雷を伴った激しい雨が降る荒れた天気となる見込み。

 九州付近にある前線を伴った低気圧は、発達しながら西日本を北東に進み、16日には北日本にかなり接近する。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となる。

 西日本から東日本では、16日朝にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降る地域がある。特に、西日本では15日昼過ぎにかけ、1時間に50ミリの激しい雨となる地域がある。低気圧の北上に伴って大雨の範囲は広がり、北日本でも15日夕方から16日にかけて雨が強まる。

 16日6時までの24時間に予想される雨量は多い地域で、東海地方が150ミリ、東北や関東甲信、近畿、四国、中国地方などで120ミリとなっている。17日6時までの24時間に予想される雨量は多い地域で、北陸地方が100から200ミリ、北海道と東北地方が100から150ミリとなる見込み。

 同庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒とともに、落雷や竜巻などの激しい突風への注意を呼びかけている。

ジャンルで探す