新国立競技場「いかに低くするか」…隈研吾さん

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる、新国立競技場の設計に携わった建築家の隈研吾さんが14日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、東京の今後のまちづくりについて思いを語った。

 隈さんは新国立競技場を設計する際、「いかに高さを低くするかを考えた」と説明。高度成長から少子高齢化社会に転換するなかで、「これからの東京は高さを競うのではなく、低層の建物や路地があるまちづくりをして、歩いて楽しい街にリノベーションしていくべきだと思う」と述べた。

ジャンルで探す