ストップ「自殺」、JR新小岩駅にホームドア

JR新小岩駅で運用が始まった総武線快速のホームドア(8日午前5時10分、東京都葛飾区で)=杉本昌大撮影

 自殺とみられる人身事故が近年相次いでいる東京都葛飾区のJR新小岩駅にホームドアが設置され、8日の始発電車から使用が始まった。

 設置されたのは、成田エクスプレスなどの特急も通過する総武快速線の3、4番線ホーム。ホームドア設置は総武線では初めて。

 同駅では2011年7月、自殺を図ったとみられる女性が特急にはねられ死亡し、ホームの客4人も巻き込まれて負傷した。以降、自殺とみられる人身事故が年間6件ほど発生。周辺住民からホームドア設置の要望が出ていた。

 警備員の配置や、心を落ち着かせる効果があるとされる青い光の照明を設置するなどの対策も講じており、鹿島良行駅長は「様々な方法で事故防止に力を尽くしたい」と話した。JR東日本は、山手線や中央線など首都圏主要路線の330駅で、32年度末までにホームドア整備を完了させるとしている。

ジャンルで探す