今日11日(木)の天気予報 関東も梅雨空が復活 西日本は激しい雨に警戒

■ 天気のポイント ■
・西日本は非常に激しい雨のおそれ
・東海や関東も雨が降り強まる所も
・北海道と沖縄は日差しが届く

今日11日(木)は梅雨前線が本州上を南下します。湿った空気の流入や上空の気圧の谷の通過によって活動が活発になる見込みです。

午前中は西日本で激しい雨の降るおそれがあります。東海や関東など東日本も雨が降りやすく、傘が必要です。

西日本は非常に激しい雨のおそれ

予想天気図 11日(木)21時

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。その影響で、西日本では1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨の降っているところがあります。

前線は徐々に南下して、次第に雨が小康状態になっていく見込みです。

気温は30℃に届かない所が多いものの、湿度が高く蒸し暑い一日です。

東海や関東も雨が降り強まる所も

東海、関東でも前線の影響で厚い雲が広がり、雨が降りやすくなります。

東海は一時的に強まる所がある見込みです。関東も雨の降ることがあるため、お出かけの際は折りたたみの傘など雨具をご用意ください。

気温は昨日10日(水)ほどは上がらないものの30℃前後の予想で、湿度が上昇する分だけ蒸し暑くなります。

北海道と沖縄は日差しが届く

梅雨前線の影響が小さい北海道は日差しの届く所が多くなります。昼間の気温は30℃近くまで上がって、少し暑くなりそうです。

沖縄は夏の高気圧に覆われて夏空が広がります。時々小さな雨雲が通過するとザッと雨を降らせますので、空の変化には注意が必要です。

ジャンルで探す