週末は前線や低気圧が接近 西日本は太平洋側中心に強雨注意

今週末は前線や低気圧が接近し、西日本で雨が降る予想です。太平洋側を中心に強雨や雷雨のおそれもあります。東日本もにわか雨の可能性はありますが、広い範囲で雨の降り方が強まる可能性は低い見通しです。

前線や低気圧に向かって湿った空気が流入

9日(日)の予想天気図

8日(土)は高気圧の中心が段々と東の海上に離れ、大陸から気圧の谷が接近してきます。これに伴い、東シナ海では前線が顕在化し、九州に接近する見込みです。九州の早い所では、8日(土)のうちに前線による雨が降り出すとみています。

9日(日)になると前線上に低気圧が発生し、西日本で雨の範囲が広がる予想です。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、周辺では雨雲が発達して雨の降り方が強まる可能性があります。

特に、低気圧に近い西日本の太平洋側や、前線の南側にあたる沖縄・奄美では雷を伴った強い雨に注意が必要です。雨量がまとまるおそれもあるため、側溝の掃除など大雨への対策は早めに行なってください。

低気圧はあまり北に上がることはなく、本州南岸を東に進むとみられます。東日本でも湿った空気による雨の可能性はありますが、広い範囲で降り方が強まる可能性は低い見通しです。低気圧の動向には不確実性があり、陸地に近い所を進む場合は雨の強まる範囲が変わりますので、随時最新の情報を確認するようにしてください。

ジャンルで探す