沖縄・奄美地方の桜開花予想 1月上旬に那覇からシーズン開始

沖縄・奄美地方の桜開花予想2024年

桜というと多くの方は3月中旬から開花が始まるソメイヨシノを思い浮かべるかもしれませんが、沖縄や奄美では冬のうちから特有の桜であるヒカンザクラやカンヒザクラが咲き始めます。

ウェザーニュースでは、沖縄や奄美地方のヒカンザクラ・カンヒザクラの開花予想を発表します。

開花するのはいつ頃?

12月前半までは平年より高めの気温で経過しましたが、12月後半は寒気の影響で気温が下がり、当初の予想よりも休眠打破を起こしやすい気温経過になりました。

年末年始の頃から気温は再び高めとなり、1月以降は再び平年より気温が高くなって、開花に向けてつぼみの生長が進む見込みです。

前回の発表よりも宮古島の開花はやや遅くなる見込みで、今シーズンは那覇から開花がスタートすると予想しています。

▼各地の開花予想日(開花予想時期)
名瀬:1月18日(1月中旬後半)
那覇:1月11日(1月上旬後半〜中旬)
南大東島:1月27日(1月下旬)
石垣島:1月31日(1月下旬後半〜2月初め)
宮古島:1月16日(1月中旬〜下旬前半)

沖縄・奄美地方の桜の特徴

桜の開花と気温の関係

桜の開花には、暖かさだけではなく冬の寒さが必要です。

桜の花芽(生長すると花になる芽)は気温の高い夏に作られ、冬になると休眠して一旦生長が止まります。そして一定期間、低温にさらされると花芽が休眠から目覚め(休眠打破)、その後は開花に向けて再び生長を始めて、つぼみが膨らみやがて花が咲きます。

休眠打破のためには、ソメイヨシノでは5℃前後、ヒカンザクラでは15℃程度の低温に、一定期間さらされる必要があると言われていますが、休眠打破後のヒカンザクラはソメイヨシノほど気温に敏感ではなく、沖縄の冬の平均的な気温で順調に生長していきます。

早めに桜を楽しみたい方は、沖縄や奄美地方に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ジャンルで探す