関東や東海でも雨が降り出す 明日は関東などで強雨に注意

雨の範囲が東に広がり、関東や東海でも降り出してきました。明日9日(月)・スポーツの日は関東などで雨の強まる可能性があるため、注意が必要です。

種子島・屋久島周辺に発達した雨雲

西日本で雨を降らせている雨雲が段々と東に広がり、午後になって東海や関東でも一部で雨が降り出してきました。

低気圧や前線に近い種子島・屋久島方面で雨が強まっていて、13時30分までの1時間に南種子町・上中で53.5mmの非常に激しい雨を観測しています。今夜にかけて活発な雨雲の通過しやすい状況が続くため、注意が必要です。

また、西日本から東海の太平洋側は本降りの雨で、宮崎県高千穂町で17.5mm、熊本県上天草市・松島で10.0mmのやや強い雨を観測しました。

関東は土砂降りの雨になることも

9日(月)朝の天気図と降水の予想

東海や関東など東日本の雨は夕方から夜にかけて次第に本降りへと変わっていきます。

明日の日中は関東付近まで前線が伸びて、低気圧が発生する見込みです。局地的に雨雲が発達して、1時間に20mmを超えるような土砂降りの雨になる可能性があります。外出の予定がある場合は服や靴などが濡れた時の対策が必要です。

雨の範囲は北陸から東北にも広がるため、雨具の欠かせない一日となります。一方で、西日本は朝までに雨が止み、昼間は日差しの届く所がある見込みです。

ジャンルで探す