関東で局地的に雨雲が発達 伊豆大島で50mm/h超の非常に激しい雨

今日24日(土)の関東は、台風15号から変わった温帯低気圧や前線などの影響で雨雲の発達しやすい状況が続いています。午後も局地的な激しい雨に警戒が必要です。

相模湾を発達した雨雲が北上

関東平野では南寄りの風と北寄りの風がぶつかっており、その境界線付近で雨雲が発生しやすくなっています。

台風から変わった低気圧周辺の暖かく湿った空気が流れ込んでいるため活発な雨雲がみられ、相模湾を進む雨雲が通過した伊豆大島・大島北ノ山では、11時までの1時間に51.5mmの非常に激しい雨を観測しました。

11時20分の時点で神奈川県、東京都、埼玉県、栃木県、茨城県には大雨警報が発表中です。一旦、天気が回復して日差しの見えた所がありますが、午後も油断のできない空となります。

関東の広い範囲では15時前後まで、一部では夕方まで激しい雨の降る可能性がありますので、道路冠水や河川の急な増水などに警戒をしてください。
写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

ジャンルで探す