来週はじめは東北でまた大雨 その後は北陸や西日本も強雨か

週末は雨が小康状態になる東北北部で、来週早々にまた大雨のおそれがあります。その後は前線が南下し、北陸や西日本でも雨の強まる所がある見込みです。

東北はもう一度、大雨に警戒を

来週早々の15日(月)頃に朝鮮半島付近で低気圧が発生し、16日(火)には北日本に近づく予想となっています。このタイミングで前線に向かって暖かく湿った空気が強く流れ込み、活動が活発になる見込みです。

低気圧や前線の周辺では雨雲が発達しやすく、北海道道南から東北北部にかけて強い雨の降るおそれがあります。

度重なる大雨となっている地域で、また大雨が予想されるため、土砂災害や河川の氾濫などに警戒が必要です。雨が小康状態となる週末のうちに、備えを進めるようにしてください。

北陸や西日本日本海側でも強雨の可能性

17日(水)朝までの12時間予想雨量

来週は太平洋高気圧の勢力が今週に比べて弱いため、前線は東北付近に停滞せず、17日(水)にかけて南下するとみられます。前線に向かっては湿った空気が流れ込みやすく、活動は活発な状態が続く見込みです。

北陸から山陰、九州北部にかけての日本海側を中心に、局地的に激しい雨の降る可能性があります。

現時点では雨の強まるエリアやタイミングなどに不確実性があります。北陸の各地や滋賀など、一度大雨被害が出た所で再び雨の強まることも考えられますので、最新情報の確認が必要です。

ジャンルで探す