東北北部で雨が強まる 猛烈な雨による災害発生に警戒

今日12日(金)は停滞する前線上を低気圧が進み、東北北部を活発な雨雲が通過しています。昼頃にかけて局地的に猛烈な雨の降るおそれがあり厳重な警戒が必要です。

川の水位は上昇中

低気圧が発生した影響で暖かく湿った空気の流れ込む勢いが増し、雨雲が発達しています。

今朝は北海道の太平洋側から青森県が雨の中心になっていて、6時10分までの1時間には青森県むつ市で28.5m、弘前市・岳で20.0mm、北海道浦河町・中杵臼で24.5mmの強い雨を観測しました。解析雨量では1時間に50mm近い激しい雨の降っている所もあるとみられます。

6時30分の時点で青森県、秋田県には大雨警報と洪水警報、土砂災害警報が出ており、北海道の日高、渡島、檜山の各地方や岩手県にも警報が発表中です。

青森県を流れる岩木川は少しずつではありますが水位が上昇しており、土砂災害の危険度も高まっています。

午後にかけて雨雲は秋田県付近に南下

12日(金)昼の雨雲の予想

前線はこのあと、少し南下し、青森県に加えて秋田県でも雨が強まる見込みです。前線の活動は活発な状況が続き、局地的には1時間に80mmを超えるような猛烈な雨の降るおそれがあります。

雨雲の動きによっては同じような所で強雨の続く可能性もあります。少なくとも今日いっぱいは河川の急な増水や氾濫、低い土地の浸水、土砂災害などの危険性が高まりますので、厳重な警戒が必要です。

ジャンルで探す