明日は関東以西で厳しい暑さ この先1週間は猛暑日が続く所も

週明けの明日8日(月)は西日本、東日本の広い範囲で35℃前後まで気温が上がり、厳しい暑さとなります。その後も1週間程度は暑さが続く予想で、お盆休みにかけて体調管理に注意が必要です。

関東内陸部は広い範囲で猛暑日予想

明日は西日本から東日本の広い範囲が太平洋高気圧に覆われます。強い日差しの照りつける所が多く、各地で気温が上がる見込みです。午後の予想気温の分布を見ると、30℃以上のピンク色の領域が大きく広がり、関東の内陸部は35℃以上を表す赤色の領域が目立ちます。

東京都心の最高気温は34℃と今日よりもさらに高く、名古屋市や大阪市も34℃、福岡市は35℃と猛暑日の予想です。

内陸部では35℃を大きく超えるような所もありますので、熱中症のリスクが高まります。特に屋外で活動をする場合は、こまめな水分補給や塩分補給、涼しい所での休憩などを欠かさないようにしてください。

少なくとも1週間は厳しい暑さ続く

熊谷の気温変化

明後日9日(火)以降も太平洋高気圧がしばらく覆うため、少なくとも次の週末にかけては暑さが続くとみられます。埼玉県熊谷市のこの先の予想気温を見ると、35℃以上の猛暑日が続き、37℃まで上がる日もある見込みです。

そのほかの各地でも35℃前後の暑さとなります。そろそろお盆休みに入る方もいらっしゃるかと思います。屋外での行動が増える時期ですが、熱中症には十分に注意をしてください。家で過ごす方も、日々の休養をしっかりと確保し、体調を整えることが重要です。

また、先日の大雨被害によって復旧作業や後片付けが進められている北陸でも熱中症対策は必須です。

ジャンルで探す