週間天気予報 ゲリラ雷雨に注意 北日本は再び大雨の可能性

■この先1週間のポイント■
・8日(月)以降は北日本で大雨の可能性
・西日本〜東日本もゲリラ雷雨に注意
・真夏らしい暑さが続く見通し

お盆休みを迎える方も多いこの先一週間は、西日本や東日本を中心に真夏の暑さの一週間となりそうです。北日本では大雨となることも考えられるため、今後の情報に注意してください。

8日(月)以降は北日本で大雨の可能性

週間天気図 8日(月)~13日(土)

8日(月)以降は前線が北日本に停滞する日がしばらく続く見込みです。現時点では、特に9日(火)~10日(水)にかけてと、12日(金)~13日(土)に北海道から北陸にかけて雨の強まるおそれがあります。特に、東北で雨量が多くなるとみられます。

大雨となった地域においても再び大雨となる可能性があるため、被害の拡大が懸念されます。早めに周囲の片づけなどを行い、備蓄品の補充や避難場所を確認するなど、次の大雨への備えを進めるようにしてください。

西日本〜東日本もゲリラ雷雨に注意

西日本や東日本は晴れる日が多いものの、南から湿った空気の流れ込みやすい状況が続くため、大気の状態が不安定となって雨雲が発達しやすくなる予想です。夏空が広がっていても天気が急変し、夕立やゲリラ雷雨のような雨に見舞われることも考えられます。

山や川のレジャーなどは天気が非常に変わりやすいため、気象情報を小まめに確認し、落雷や突風、川の急な増水等に十分注意するようにしてください。

真夏らしい暑さが続く見通し

8日(月)以降は、西日本から東日本を中心に夏の高気圧に覆われて、夏本番の暑い日が続きそうです。

平年では8月の前半が年間の暑さのピークです。今年も気温は平年並みか高い予報で、35℃以上の猛暑日になる可能性もあります。熱中症のリスクが高まっていますので、炎天下での長時間の行動を避け、室内ではエアコンを使用し、こまめな水分補給を心がけるなど熱中症予防を万全に行ってください。

北日本は低気圧や前線の影響で日差しは乏しくなりますが、こちらも気温は平年並みの予報です。

ジャンルで探す