セミ、鳴いてる?関東や東北などで一気に鳴き始める 全国調査

夏の風物詩「セミの鳴き声」は聞きましたか?

今年は「最早の梅雨明け」「最短の梅雨」で夏を迎えた地域が多くなり、東北北部でも7月26日(火)に梅雨明けの発表があり、梅雨のない北海道を除いて全てのエリアで梅雨明けが発表されました。

夏の到来を感じさせてくれる「セミの鳴き声」について、ウェザーニュースでは全国を対象に“セミが鳴いているか?”の調査を実施ししています。第5回目の調査の11,508人の回答から現時点でのセミの活動範囲を紹介します。(調査実施:2022年7月25日〜26日)

ほとんどのエリアで大合唱

全国の回答割合は「まだ」が8%、「すこし」が35%、「大合唱」が57%で「セミが鳴いている」と答えた方は全体の9割を超える結果となりました。

都道府県別にみると、北海道、青森、秋田を除く、44都府県で80%以上の方から「セミが鳴いている」と回答がありました。特に今回の調査では、北日本や東日本での増加率が高くなり、多くのエリアからセミの鳴き声が聞こえているようです。

▼主要都市の“鳴いている”割合
 宮城県 80%
 東京都 87%
 愛知県 99%
 大阪府 99%
 福岡県 99%

▼80%に満たないエリアの割合
 北海道 47%
 青森県 77%
 秋田県 79%

前回調査と比較(全国)

先週(7/17〜18)の調査時点で全国の「鳴いてる」の割合は75%でしたが、今回の調査で92%となりました。

先週55%だった東京は、30ポイント以上も増加し87%となりました。その他の関東のエリアでも20~30%前後で聞こえている割合が多くなっています。

▼先週(7/17〜18)と今回との比較(7/25〜26)
東京都  55% → 87%
神奈川県 70% → 92%
千葉県  66% → 93%
埼玉県  71% → 91%
茨城県  66% → 88%
栃木県  66% → 87%
群馬県  56% → 84%

関東のセミもこの1週間で一気に夏を感じ始めているのかもしれません。

セミの大合唱はまだまだ続く?

週間天気予報

この先一週間も停滞する前線や太平洋高気圧の縁を回るように、南からの暖かく湿った空気の入りやすい状態が続く見通しです。

極端な高温はないものの、東日本や西日本では曇りの日も30℃を超えるなど蒸し暑い日が続き、晴れると35℃以上の猛暑日となる可能性があります。

各地で本格的な夏を迎え、もうしばらくセミの大合唱は続きそうです。

ジャンルで探す