ロシア ウクライナに軍事侵攻

北日本・北陸は雨や湿った雪 路面悪化や落雪に注意

今日26日(水)は日本海を進む低気圧の影響で、北日本と北陸は天気が下り坂に向かいます。午後になると雨や湿った雪の降り出す所が多い見込みです。

積もっている雪の重みが増す

北陸の早い所で昼過ぎから雨や雪が降り出し、夕方にかけて東北や北海道にも広がっていく予想となっています。低気圧周辺にはやや暖かな空気が流れ込むため、北陸の平野部は雨の所が多い見込みです。雪が多く残っている所に雨が降ると、雨と雪解け水が加わることで道路の一部が冠水する可能性があります。

北陸の内陸部や東北、北海道は気温が比較的高めで、湿った雪になります。屋根の雪が重くなって、落雪の危険性が増します。足元に加えて頭上にも十分注意をしてください。
» 関連記事 雨で雪の重量増す

北日本は短時間で積雪増加のおそれ

27日(木)の予想天気図

低気圧が東に抜ける明日27日(木)は、北日本を中心に冬型の気圧配置に変わります。平地で雪になる目安の上空1500m付近で-6℃以下の寒気は北陸付近まで南下し、北海道や東北北部には-12℃以下の強い寒気も流れ込む予想です。

日本海側の広い範囲で雪になり、今日は雨となる北陸の平野部も雪の見込みです。28日(金)の朝にかけては北陸から北海道の内陸、山沿いを中心に20cm前後の新たな雪が積もる予想となっています。大きな影響が出るほどの雪の量ではありませんが、除雪の時間などはある程度、確保しておくと良さそうです。

ジャンルで探す