ロシア ウクライナに軍事侵攻

明日は西日本を中心に雨 地震があった地域は土砂災害に注意

明日23日(日)は前線の影響で西日本を中心に雨の降る所が多くなります。日向灘で発生した地震によって強い揺れに見舞われた地域では、地盤の緩んでいる可能性があるため念のため土砂災害に注意が必要です。

大雨警報などの基準が引き下げ

東シナ海で発生した前線が明日になると九州に近づきます。早い所では今夜から雨が降り出し、明日の朝には九州や四国を中心とした広い範囲で雨が降る見込みです。山沿いでは朝の気温の低い時間帯に雪になる所があります。昼頃になると近畿でも雨の所が多くなってきます。

前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋沿岸では雨雲が発達し、一時的に雨の強まる所がある予想です。

21日(土)未明に日向灘で発生した地震によって強い揺れに見舞われた地域では地盤の緩んでいる可能性があります。念のため急な斜面など危険な場所には近づかないようにしてください。大分県大分市や宮崎県延岡市などは大雨警報や注意報、土砂災害警戒情報の発表基準が引き下げられています。

夕方から夜は東日本の山沿いで雪

23日(日)夜の天気分布予想

夕方から夜にかけては東海、甲信など東日本でも雨や雪が降り出します。気温の低い東海の山沿いや甲信地方は雪の所が多い見込みです。

活発な雲は大部分が沿岸を通過するため、雪が降ったとしてもそれほど強まらず、大雪になる可能性は低いとみられます。標高の高い道路などはうっすらと新たな雪の積もる所がありますので、念のため路面の状況に注意が必要です。

ジャンルで探す