九州、四国の山は今夜から雪 道路にも積雪のおそれ

西から近づく前線の影響で、九州や四国など西日本は今夜以降、雪や雨の降る所が多くなります。平野部は雨で経過しますが山では雪になり、積もる所がある見込みです。

今夜遅くから本格的な雪に

西日本の各地は雲に覆われ、九州北部など所々で弱い雨がぱらついています。前線に伴う活発な雲がかかりはじめるのは今夜以降で、明日6日(木)の朝にかけて広い範囲で雨や雪が降る見込みです。

寒気がそれほど強くはないため、平野部では雨が主体で一時的に雪が混じる程度とみられます。山沿いや山間部は雪に変わる所が多く、四国山地では深夜以降、断続的に雪が降り続く予想です。

四国山地は10cm近く積もる所も

6日(木)朝までの積雪増加量の予想

今夜から明日朝にかけて、九州山地や四国山地を中心に積雪が予想されます。

特に四国では多い所で5~10cmに達して、標高の高い道路は積雪状態になる見込みです。積雪が予想される道路を通行する場合は、冬用タイヤや滑り止めなどの雪対策が必要です。

九州の山沿いなどは数cm程度と積雪は少ない予想ですが、気温が下がることによって凍結するおそれがありますので、油断はできません。

明日の午後は関東も雪に

6日(木)午後の雪・雨の予想

関東は明日6日(木)の昼頃から雪や雨が降りやすく、南岸低気圧が通過する時の雪の目安である上空1500m付近で-3℃以下の冷たい空気に覆われるため、沿岸の一部をのぞいて雪の降る所が多くなります。

降り方は弱いため、東京都心など市街地で積雪の可能性はほとんどなく、房総半島の丘陵地帯など一部で芝生がうっすら白くなる程度です。夕方以降、次第に雪や雨は止む予想となっています。

ただ、関東の雪の予測は変化が生じやすいため、最新の情報を確認するようにしてください。

ジャンルで探す