ロシア ウクライナに軍事侵攻

気象庁1か月予報 年始は寒さと雪に注意 中旬以降は平年並

今日30日(木)、気象庁は1月1日から1月31日までの1か月予報を発表しました。

この先1か月も寒気の影響を受けやすく、平均気温は平年並か低くなるところが多い予想です。特に年明けは日本付近に強い寒気が流れ込んで、全国的に厳しい寒さとなります。日本海側では大雪に警戒が必要です。

中旬以降は平年並の気温に

この先1か月の気温の予想

1月も冬型の気圧配置となる日が多く、日本付近は寒気が流れ込みやすくなります。1か月の平均気温は北海道や沖縄・奄美で平年並となる他、東北や西日本で平年並か低く、東日本は平年より低くなる予想です。

特に年始から一週間程度は強い寒気の影響で、北日本から西日本で平年より寒くなると見込まれています。年始早々風邪など引かないよう、体調管理をしっかりと行いましょう。

中旬以降は平年並のところが多くなる予想で、北日本では平年より高くなる時期もあります。融雪災害に注意が必要です。

日本海側は雪の降りやすい状態が続く

この先1か月の降水量の予想

1か月の降水量は日本海側で平年並か多く、太平洋側で平年並の予想となっています。冬の天気分布が顕著に出やすい傾向です。

特に北日本や東日本の日本海側は、上旬に強い冬型の気圧配置となって雪の量が多くなると見込まれています。すでに雪の積もっているところに新たな積雪が増えると雪崩が発生しやすくなるため、注意してください。

ジャンルで探す