金沢で初雪を観測 気温8℃台と高めながら雪に

今日27日(土)は強い寒気が北陸上空まで南下し、金沢では午後になって初雪を観測しました。昨年よりは半月以上も早い初雪です。

平野部で積もることはない見込み

冬型の気圧配置になっている影響で、北陸の平野部では朝から断続的に雨が降り、霰(あられ)や雹(ひょう)を伴っている所もあります。午後になって上空の寒気が最も南下し、金沢で初雪を観測。平年よりは3日遅く、昨年よりは17日早く、北陸の気象台では初めての観測です。

今日は山形と長野でも初雪になっており、3か所目となります。

金沢の気温は8℃台と高めで推移しているものの、湿度が50%未満と比較的乾燥しています。そのため雪粒が溶けずに地上付近まで落ちてきたとみられます。


今夜にかけて強い寒気の影響が残るため、北陸の平野部では雷雨や霰の所が多くなります。平野部で積もるような雪になることはないものの、山間部は積雪が増加中です。峠道など標高の高い道路を走行する場合は、冬用タイヤや滑り止めなどの装備を用意し、安全運転を心がけてください。

ジャンルで探す