ロシア ウクライナに軍事侵攻

関東山沿いは今季初の積雪 今夜にかけて積雪急増に注意

今日27日(土)の日本付近は冬型の気圧配置が強まっています。上空に強い寒気が流れ込んでいるため、関東から西日本にかけての山沿いでも雪になりました。車で峠道など標高の高い道路を走る場合は、冬の装備が必要です。

西日本、東日本も山は雪に

平地で雪の降る目安となる上空1500m付近で-6℃以下の寒気が、北日本から北陸付近まで南下し、山で雪の降る目安となる0℃以下の寒気は日本列島の大部分を覆っています。昨日までに比べて雪の範囲が広がり、今朝は山形と長野で初雪を観測しました。

関東から西の山沿いでも雪の積もっている所が多く、10時の時点で群馬県草津町で7cm、鳥取県大山町で13cmの積雪を観測しています。関東のアメダス地点で積雪を観測するのは今季初めてです。

北日本は内陸部を中心に積雪が増加しており、幌加内町・朱鞠内は93cm、旭川市では29cmの雪が積もりました。

今夜にかけてさらに積雪増加

28日(日)昼までの積雪予想

寒気のピークとなる今夜にかけて、日本海側の広い範囲で雪や雨が断続的に降る見込みです。

特に北よりの風が強く吹き付ける、北陸から関東甲信の山間部を中心に雪の量が多く、明日28日(日)の昼にかけての24時間で、新たに20cm以上に雪が積もる予想となっています。標高の高い峠道などは路面状況が悪化しますので、通行する場合は冬用タイヤや滑り止めなどの装備が欠かせません。

北海道は道央の山沿いを中心に雪の強まる所があり、東北も山沿いでは積雪が増加する予想です。

明日になると次第に寒気は抜けて冬型の気圧配置が弱まってきます。雪は落ち着く所が多い見込みです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

ジャンルで探す