週間天気 日曜・月曜は広く晴天 来週中頃は風雨強まる

■この先1週間のポイント■

・日曜と月曜は広範囲で晴れ
・来週中頃は前線通過で全国的に荒天
・気温アップダウンが大きい

日曜と月曜は広範囲で晴れ

28日(日)から29日(月)にかけて冬型の気圧配置が緩み、大陸から高気圧が移動してきます。北日本や日本海側の地域でもだんだんと雪や雨が止んで、晴れるところが多くなる予想です。

関東など太平洋側は晴天が続くものの、西日本では29日(月)になると高気圧が東へ去りつつあるため、徐々に雲が増えていきます。週末は見頃を迎えている紅葉を見に散歩するのもおすすめです。

来週中頃は前線通過で全国的に荒天

予想天気図 12月1日(水)9時

11月30日(火)から12月1日(水)にかけて、日本海の低気圧から伸びる寒冷前線が日本列島を通過し、全国的に雨が降る予想です。前線通過時には発達した雨雲が通過するため、短い時間ながらも激しい雨に注意が必要です。

また、低気圧が発達しながら日本海を進むため、全国的に風も非常に強まります。

雨や風が強まるタイミングについては、今後の最新情報を確認するようにしてください。

気温アップダウンが大きい

前線が通過する前までは、この時期としては気温の低い状況が続きます。上空の寒気はだんだんと抜けていくものの、晴れて放射冷却が強まるため、朝の冷え込みが厳しくなる予想です。昼間もあまり気温が上がらず、日陰では寒く感じられそうです。

ただ、11月30日(火)から12月1日(水)に前線が通過する際には南から暖かな空気が流れ込むため、雨の割に気温は高くなります。北海道でも雪ではなく雨の降るところが多くなりそうです。

前線の通過後は再び冬型の気圧配置となるため、多くのところで気温が低くなります。冷たい風も強く吹くので、気温の数字よりもさらに寒く感じられそうです。短い周期で体感が変化するため、体調管理に十分注意してください。

ジャンルで探す