今日26日(金)の天気 北海道は大雪に注意 東京や大阪は晴れて空気乾燥

■ 天気のポイント ■

・関東以南は乾燥した晴天続く
・北陸では雷雨やあられに注意
・北海道は午後から強い雪雲接近

今日11月26日(金)も冬型の気圧配置が続き、関東や東海、西日本の各地は晴れるところが多くなります。一方、北日本や北陸では雨や雪が降るところが多く、北海道では低気圧の接近に伴い雪が強まるところがあり、大雪に注意が必要です。

関東以南は乾燥した晴天続く

関東や東海、西日本の各地は、太平洋側を中心に晴れて青空の広がる所が多くなります。朝晩は冷え込むものの、昼間は日差しで空気が暖められて、最高気温が15℃を超える見込みです。風もさほど強まらず、屋外でも日なたでは暖かく感じられそうです。

ただ、晴天が続くと空気が乾燥しますので、健康管理や火の取り扱いには十分お気をつけください。

北陸では雷雨やあられに注意

降水の予想 今日15時

北陸や東北地方では、朝から雨や雪の降るすっきりしない天気で、特に夕方を過ぎると雲が発達しやすくなります。

夜遅くにかけては活発な雲の通過に伴って、局地的に強い雨や、ひょう、あられの降る可能性があります。落雷や突風のおそれもありますので、外出の際は注意してください。

北海道は午後から強い雪雲接近

北海道付近には上空に寒気を伴った気圧の谷が南下し、低気圧が接近します。午前中は所々で雪が降りますが、午後は道北の日本海側から雪が強まり、次第に道央や道南にも広がります。

発達した雪雲がかかるため、急速に積雪が増加して、多いところでは24時間で40cm程度の大雪となるおそれがあります。着雪やなだれにも注意してください。

ジャンルで探す