ラニーニャ現象発生で寒い冬 西日本日本海側は大雪のおそれも

気象庁は24日(水)、12月から2月までの冬の期間の3か月予報を発表しました。

ラニーニャ現象が発生した影響で、寒い冬になる可能性があります。特に西日本は寒気の影響を受けやすく、3か月の平均気温は平年より低め、日本海側の降雪量は平年並みか平年より多い予想です。

西日本で寒く、東日本も冬らしい冬

12~2月の平均気温

ラニーニャ現象は冬の間も続き、日本付近では上空を吹く強い西風、ジェット気流が南に蛇行し、西日本を中心に寒気が流れ込みやすいと予想されます。

沖縄や九州、中四国は3か月の平均気温が平年より低い予想で、寒さの厳しい冬となる見込みです。近畿から関東甲信にかけても平年並みか平年より低い予想で、特に12月は寒くなります。

北日本は3か月の平均では平年並みか高い予想ですが、月別に見ると1月以降は平年並みになる可能性が高く、年明けとともに冬らしさが増していく見込みです。

西日本日本海側は大雪のおそれ

12~2月の降雪量

寒気の影響を受けやすい西日本は冬型の気圧配置が強まり、日本海側は雪が降りやすくなります。3か月の降雪量は山陰で平年より多く、近畿日本海側から北陸にかけても平年並みか多い予想です。西日本は昨冬も12月~1月にかけて平年を大幅に上回る雪が降っていますので、2シーズン続けての大雪となるおそれがあります。

北日本の日本海側は寒気が流れ込みにくい一方で、低気圧の影響を受けやすく平年並みの雪が降る予想です。低気圧が発達することによって、北海道は日本海側だけでなく、太平洋側でも雪のまとまる可能性があります。

ジャンルで探す