週間天気 週末にかけて晴天続くも、来週中頃は荒天のおそれ

■この先1週間のポイント■

・週末にかけて冬型、関東など晴天
・来週中頃は全国的に荒天のおそれ
・朝晩と昼間の寒暖差に注意

週末にかけて冬型、関東など晴天

週間予想天気図 11月26日(金)~12月1日(水)

週末にかけて冬型の気圧配置が続くため、関東など太平洋側は晴れる日が多くなります。晴天が続くと空気の乾燥が心配です。健康管理や火の取り扱いには十分注意してください。

一方、北日本や北陸など日本海側は冬らしい空が続き、雨や雪が降りやすくなります。28日(日)頃になると冬型の気圧配置は緩むため、週明けにかけて天気は回復に向かいます。

来週中頃は全国的に荒天のおそれ

30日(火)から12月1日(水)にかけて低気圧や前線が通過し、全国的に雨が降る予想です。

前線通過時は強雨や雷に注意が必要で、風が強まり荒れた天気となるおそれがあります。

まだタイミングや風雨の強さなど予想に幅があるため、随時最新の見解をご確認ください。

朝晩と昼間の寒暖差に注意

冬型の気圧配置となるため晩秋から冬のような気温変化となり、特に西日本ではこの時期としては寒くなりそうです。

上空には寒気も流れ込み、晴れる日には放射冷却現象が効いて冷え込みます。予想最低気温が名古屋では3℃、東京でも4℃まで下がる日があります。

朝晩と昼間の寒暖差にも注意してください。

ジャンルで探す